スポンサードリンク
 

住宅ローンの金利推移

住宅ローンの金利推移は、ゼロ金利政策が解除されて上昇すると予想されます。しかし、ここ最近は建築基準法の改正の関係で新築の着工件数が激減しているため住宅ローンの金利も低くなっているようです。
住宅ローンの金利は融資実行時点の金利が適用されますから、住宅ローンを選んだり借り換えたりするにあたっては、今後の金利推移予想が大事になります。

住宅ローンの金利の種類

住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類があります。

政策金利引き上げは変動金利へ影響を与えます。逆に長期金利への影響は直接はありません。今こそ固定金利への借り換えのタイミングなのかも知れません。

住宅ローンの変動金利と固定金利

お金を借りたときの金利が、満期までの間に金利情勢によって変動する金利を変動金利といいます。これに対し、お金を預けたときの金利が満期まで一定で変化しない金利を固定金利と言います。変動金利が上昇し始めると固定金利への借り換えが多くなるでしょう。
固定金利方式は変動金利方式に比べて、金利は高くなります。

住宅ローンの金利推移情報と相談

住宅ローンの金利推移情報はこちらにあります。借り換え等の参考にしてください。
住宅ローンの金利

住宅ローンの相談はこちらできます。

全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】

最大35年間固定金利となる全期間固定金利方式【フラット35】は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携し、住宅ローンの提供を支援することにより実現しています。

フラット35には、住宅金融支援機構が住宅ローンを買取る【フラット35】と、新たに登場した、住宅ローンの返済を金融機関に対して住宅金融支援機が保証する【フラット35(保障型)】のタイプがあります。

全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】の融資手数料等

住宅ローン「フラット35」の融資手数料には、融資額に関係なく固定額(3〜5万程度)の場合と融資額に比例(融資額の2パーセント程度で、融資額3,000万円なら手数料60万円)した定率の場合があります。
手数料が固定額の場合は定率の場合よりかなり安いですが、住宅ローンの金利は高く設定されています。

「フラット35」の過去の金利推移は住宅金融支援機構の以下のページにあります。
http://www.flat35.com/document/pdf/kinri_suii.pdf

モーゲージバンクの住宅ローン

住宅ローンは、銀行系(都市・地方・信用金庫・信用組合・労働金庫など)だけでなく、保険会社やモーゲージバンク系もあります。
モーゲージとは、もともと「抵当。担保」という意味で、モーゲージバンクとは銀行のように預金を原資とはせずに住宅ローンの証券化により原資の調達をする金融機関のことです。
モーゲージバンクの特徴として、銀行系に比べて金利が比較的低く、利子は安いことがあげられます。

お奨め住宅ローン

常に、業界最低水準の金利のSBIモーゲージ株式会社の超低金利住宅ローン【フラット35】です。SBIグループだから安い!安心です。
インターネットで借り入れ相談ができます。

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの金利推移は上昇が予想される中、今借り換えを考えたほうがいいのでしょうか?
変動金利で住宅ローンを組んでいるなら、今後の推移も考えて借り換えの検討が必要な時期かかもしれません。

住宅ローンの種類と借り換えのタイミング

住宅ローンには、変動金利方式と上限金利設定方式、そして、全期間固定金利方式などがあります。

変動金利方式は、定期的(例えば年2回)金利情勢に応じて、金利の見直しが行われます。
上限金利設定方式は、選択した期間はあらかじめ設定した上限金利の範囲内で金利が変動します。
全期間固定金利方式は、選択した全期間にわたり金利が変わることがありません。ですから、金利の推移を気にする必要がありません。

変動方式の住宅ローンであっても、実際の商品としては、一定期間固定金利と変動金利を組み合わせたものが主流になっています。
このような方式の住宅ローンでは、これからの金利推移は上昇と予想すれば、固定金利期間が終了するタイミングで、借り換えの検討をする人が多いのではないでしょうか。

これから金利が上昇に推移するのなら固定金利に借り換え、逆にこれから金利が下降に推移するのなら変動金利に借り換えれば、金利を抑えることができます。


 
2015年09月10日

住宅ローンサイトの引越し

長らく更新できていなかった、この住宅ローンブログですが(汗;)、このたび以下のサイトに引越すことになりました。

一般的な住宅ローンというようり、最近人気のネット住宅ローンに特化した内容で情報提供していきたいと思います。

ネット住宅ローンで借り換え〜住宅ローンの金利推移をチェック!




risukamo at 11:51|PermalinkTrackBack(0)clip!
2009年03月02日

固定金利は微妙な引き下げ

大手銀行の住宅ローンは固定金利を据え置く中で、みずほ銀行は3月から若干下げるようです。

SBIモーゲージの住宅ローン【フラット35】買取型(〜20年)の3月の実行金利も少し下がり2.750%となりました。(※)

まだしばらくは小康状態でしょうか・・・

(※) SBIの【フラット35】は借入れ期間によって金利が異なります。

2009年02月02日

長期金利はほぼ据え置きの様相

大手3行の住宅ローンが期間10年以内の固定金利は引き下げている中で、20年以上のものは据え置きという図式のようですね。。。

SBIモーゲージの住宅ローン【フラット35】買取型(〜20年)の2月の実行金利は2.770%です。(※)

まだまだ先が見えない不況下、引き続き待ちの状態かもしれません。
来月の実行金利はどう推移するでしょう。目が離せませんね。。。

(※) SBIの【フラット35】は借入れ期間によって金利が異なります。

プライバシーポリシー