2006年09月

2006年09月28日

優良住宅支援制度でさらに低金利

SBIモーゲージの住宅ローン、スーバー【フラット35】では、
優良住宅支援制度で、当初5年間はさらに金利が0.3%低くなる。

2006年10月末まで申込み延長された。

詳細は以下のページに一番下に!
住宅ローンのお申込書請求


今後金利が上昇されると予想される今、全期間(最大35年)固定金利型の住宅ローンはお奨めである。


ネットで全国対応の住宅ローン

何度も言うが、融資を受けた今もなお、SBIモーゲージの人と会ったことがない。

会ったのは債権回収会社の1人と1回きりである。

ネットで申し込むモーゲージバンクは経費が掛からないから金利が低いのだろう。

繰上げ手数料も不要。保証料も要らない。

住宅ローンのお申込書請求


もちろん、借換え相談も無料である。

借り換えに最適!約500種類から選べる住宅ローン


全期間固定金利なら借換えの検討は不要か?

予想通り、徐々に住宅ローンの金利が上がってきている。
今月は一気に下がっているが、今年に入って2ヶ月連続で下がった月はない。
http://www.flat35.com/document/pdf/kinri_suii.pdf

SBIモーゲージの「スーパー【フラット35】」にしたから、金利の上昇は心配しなくていい。

しばらくは、借換えの心配もしなくていいだろう。

もし、他の住宅ローンを選んでいて、今SBIモーゲージを知ったなら、
借換えも検討をしたに違いない・・・

住宅ローンの借換相談


いつまた金利の低い時代に逆戻りするかは分からないが、できれば借換えの検討はしたくない。

それより、繰り上げ返済の検討をいっぱいできるようにならなければ。。。

この住宅ローンは繰上げ返済手数料も無料なのである。

住宅ローンのお申込書請求


今月もまた最低金利の住宅ローン

2006年9月

今月もまた、SBIモーゲージの金利が一番低い。予想通りだ!
http://www.flat35.com/document/pdf/kinri.pdf

この住宅ローンにして良かったと思っている・・・

今後しばらくは、おおかたの予想通り上昇気流だろう。
借換えの心配なんて。いまのところ全く不要だ。

住宅ローンのお申込書請求


物件価格の100%を借入れできる住宅ローン

住宅ローンの多くは、借入額が物件価格の80%までとなっている。

それは、物件価格には不動産会社の管理費など、物件そのものの価値以外のものが含まれているからである。

そうしておかないと、借りている額より物件そのものの額が低くなってしまうかもしれない。
それじゃぁマズイ。

だから住宅金融公庫では80%までしか融資しない。

でも、今ならSBIモーゲージに「スーパー【フラット35】プラスα」というサービスがある。

全期間固定金利のSBIモーゲージの住宅ローン


残りの20%をSBIモーゲージがバックアップしてくれるのである。

もう頭金の心配をすることがない。


こういう商品が当時あったら、もっと張り込んでいたかも知れない。。。

予想外の金利上下

2005年11月。結局、住宅ローンの金利は2.501%だった。

10月には一旦下がったのに。。。
12月にはまた下がっている。

長くみれば、上昇がおおかたの予想だろうが、
こういう月単位の上下は素人の私には全く予想できないことである。

住宅ローンの神様は私には見方しなかったのか。。。

住宅ローン会社の人とは一度も会わなかった

いよいよ契約の日。

SBIモーゲージ。グッド住宅ローンの名称が変わった。

全期間固定金利のSBIモーゲージの住宅ローン


でも、私が金消契約をするために、金融機関に出向いたのは唯のこの一回。

それも、SBIモーゲージではない。近くの債権回収会社だった。
こんな田舎にSBIモーゲージなんてない。

インターネットで相談申込みして、メールと電話で質問したり・・・

結局、SBIモーゲージの人と会うことは一度もなかった。
でも困ることは全くなかった。

メールで質問を投げれば、次の日には回答が返って来ていたから。。。

しかし、全く一度も会わないとは予想もしなかった。

risukamo at 16:11|Permalinkclip!住宅ローンの金利 

住宅ローンの金利は予想通り上昇

マイホームの完成予定は2005年11月。

予想通り、住宅ローンの金利は上昇していた。
http://www.flat35.com/document/pdf/kinri_suii.pdf

焦っていた。
住宅ローンの金利は融資実行日の利率が適用されるからだ。

今はまだ上がらないでくれ!もっと早くマイホームは完成できないのか!!

住宅ローンの申込み書を送付した

その時、まだ「グッド住宅ローン」という会社だった。

2005年5月だったか、申込み書を送付した。
審査に1週間〜2週間。

この時、いちばん待ち遠しかったのは、住宅会社の営業さんだろう。

私が、その年限りで脱サラするのを彼女は知っていたから・・・

SBIモーゲージのグッド住宅ローン


最短3週間で融資可能である。

risukamo at 15:50|Permalinkclip!

すべてネット対応の住宅ローン

このときは、すべてメールで質問を受けてくれた。

申込み書を提出する前であってもメール相談ができたのである。
今は、申込み書を提出するまでは電話対応、提出したらメール相談ができる。

いずれにしても、グッド住宅ローンに足を運ぶことはない。

ネットが窓口の会社は、経費を抑えることができるから金利を低く設定できるのだろう。

いよいよ申込み書を提出する時が来た。
もちろん、ローンの申込み書はオンラインではなく、書面の郵送である。

住宅ローンのお申込書請求


risukamo at 15:48|Permalinkclip!住宅ローンの金利 
■ワンポイントメモ

○住宅ローンの金利推移
住宅ローンの金利推移は、ゼロ金利政策が解除されて変動金や短期固定金利は上昇すると予想されます。
住宅ローンの金利は融資実行時点の金利が適用されますから、住宅ローンを選んだり借り換えたりするにあたっては、今後の金利推移予想が大事になります。

○住宅ローンの金利の種類
住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類の金利があります。

ゼロ金利政策が解除された今後、住宅ローンの金利は、どう推移していくのでしょうか?政策金利引き上げは変動金利へ影響を与えます。おおかたの金利推移予想は上昇でしょう。逆に長期金利への影響は直接はありません。今こそ固定金利への借り換えのタイミングなのでしょうか。

○住宅ローンの変動金利と固定金利
お金を借りたときの金利が、満期までの間に金利情勢によって変動する金利を変動金利といいます。これに対し、お金を預けたときの金利が満期まで一定で変化しない金利を固定金利と言います。変動金利が上昇し始めると固定金利への借り換えが多くなるでしょう。
固定金利方式は変動金利方式に比べて、金利は高くなります。