今後の金利推移予想

2008年11月04日

住宅ローン金利はまだ上昇

11月の実行金利は先月に引き続き上がりましたね。。。

日本の政策金利はまたまた0.3%に引き下げられましたが、長期金利に影響があるのは、もう少ししてからなのでしょうか?

SBIモーゲージの住宅ローン【フラット35(保障型)】<融資比率70%まで>の実行金利もまた上昇しました。(※)

2008年11月期の実行金利は、3.230%となり、先月よりも0.12ポイントという少なくない上昇です。

(※) SBIの【フラット35(保障型)】は融資比率や支払する事務手数料の額によって金利が異なります。


risukamo at 13:12|PermalinkTrackBack(0)clip!
2008年10月02日

今月の金利推移はビックリ!

10月の実行金利は先月に比べて一気に上がりましたね。。。

SBIモーゲージの住宅ローン【フラット35(保障型)】<融資比率70%まで>の実行金利も大きく上昇しました。(※)

2008年10月期の実行金利は、3.110%となり、先月よりもなんと0.35ポイントも上昇しました。

3年前と比べると、約1ポイントも上がっています。
そんなご時勢なので、変動金利よりも固定金利がやはり人気のようです。

不動産流通経営協会(FRK)によると、「固定金利期間選択型」が過半数に昇るようですね。
その中でも一番多いのは10年だそうです。


(※) SBIの【フラット35(保障型)】は融資比率や支払する事務手数料の額によって金利が異なります。


risukamo at 08:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
2008年09月02日

住宅ローン金利は下がり新築物件も好調?

大手銀行の住宅ローン金利は2ヶ月連続で下がりました。

これまで低迷してきた反動なのか、新築物件の着工数もだいぶ増えているようですね。
それが、金利を引き下げている原因の一つなのでしょうか?

SBIモーゲージの住宅ローン【フラット35(保障型)】<融資比率70%まで>の実行金利も同様に大きく下がりました。


2008年9月期の実行金利は、2.760%となり、先月よりも0.15ポイントも下がりましたね。

これからしばらくは融資を受けるチャンスなのかも知れません。。。

※ SBIの【フラット35(保障型)】は融資比率や支払する事務手数料の額によって金利が異なります。


risukamo at 08:15|PermalinkTrackBack(0)clip!
2008年08月04日

久しぶりに下がりました。8月の実行金利

2008年8月のSBIモーゲージの住宅ローン【フラット35(保障型)】<融資比率70%まで>の実行金利が発表されました。
これまで3ヶ月連続の上昇で来ましたが、ひと休みで少し下がり、今月は2.910%になりました。

政策的に金利を上げるという話は聞こえてきませんが、今後の金利はどう推移していくのでしょうか。。。

※ SBIの【フラット35(保障型)】は融資比率や支払する事務手数料の額によって金利が異なります。


risukamo at 21:09|PermalinkTrackBack(0)clip!
2008年07月02日

7月・・・さらに上昇

2008年7月のSBIモーゲージの住宅ローン【フラット35(保障型)】<融資比率70%まで>の実行金利が発表されました。
いよいよ今回は3ヶ月連続の上昇で、2.960%になりました。

景気はまた下がっているので、この後それほど上がらないような機もしますが、さて今後の住宅ローンに金利推移はどうなるのでしょうか?

※ SBIの【フラット35(保障型)】は融資比率や支払する事務手数料の額によって金利が異なります。


risukamo at 09:33|PermalinkTrackBack(1)clip!
2007年11月06日

上下する住宅ローンの金利推移

11月のSBI住宅ローン【フラット35(保障型)】融資比率90%までの金利は2.730%と、また住宅ローンの金利は下方へ推移しました。

9月から10月にかけては上がっていたのですが、また10月から11月にかけて下がりました。

大手銀行でも住宅ローンの金利は引き下げていますが、中には据え置きの銀行もあるようです。

フラット35の金利は、昨年初めに上昇した後、小さな上下を繰り返しながら、ある一定のレベルを保っているようですね。

SBIモーゲージの住宅ローン


risukamo at 11:53|PermalinkTrackBack(0)clip!
2007年10月02日

金利はまた上昇推移しましたね

9月のSBI住宅ローン【フラット35(保障型)】の金利は2.710%だったので、10月は2.80%になり、また少し上昇しました。


『SBIモーゲージ』と『住宅金融公庫』のコラボレーション実現!
35年全期間固定!2.80%



risukamo at 22:56|PermalinkTrackBack(2)clip!
2007年09月04日

サブプライムの影響で住宅ローンの金利推移はどうなった?

SBI住宅ローン【フラット35】に新しく、【フラット35(保証型)】が登場しました!

9月実行金利は【フラット35】が2.751%、【フラット35(保証型)】が2.710%になりました。

サブプライムローンの影響を受けて大手銀行が住宅ローンの引き下げを発表したように、【フラット35】の金利も大きく下がっています。


これまでのSBI住宅ローン【フラット35】金利の推移を見てみましょう。

平成18年
    11月  SBI住宅ローン:2.951%  全国平均:3.260%  ↑
    12月  SBI住宅ローン:2.861%  全国平均:3.168% ↓
  19年
     1月  SBI住宅ローン:2.751%  全国平均:3.060% ↓
     2月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:3.126%  ↑
     3月  SBI住宅ローン:2.791%  全国平均:3.095% ↓
     4月  SBI住宅ローン:2.761%  全国平均:3.018% ↓
     5月  SBI住宅ローン:2.771%  全国平均:3.028%  ↑
     6月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:3.077%  ↑
     7月  SBI住宅ローン:2.961%  全国平均:3.213%  ↑
     8月  SBI住宅ローン:2.921%  全国平均:3.171% ↓
     9月  SBI住宅ローン:2.751%  全国平均:3.002% ↓

※注意:
全国平均は【フラット35(保障型)】を除いています。
SBI住宅ローン【フラット35(保障型)】の金利は2.710%です。


risukamo at 16:32|PermalinkTrackBack(0)clip!
2007年08月02日

住宅ローンの金利上昇推移は一休み?

SBI住宅ローン【フラット35】の8月実行金利は2.921%になりました。

7月の金利と比べると0.14ポイント下がりました。金利の上昇推移も一休みといった感じですね。

これまでのSBI住宅ローン【フラット35】金利の推移を見てみましょう。

平成18年
    11月  SBI住宅ローン:2.951%  全国平均:3.260%  ↑
    12月  SBI住宅ローン:2.861%  全国平均:3.168% ↓
  19年
     1月  SBI住宅ローン:2.751%  全国平均:3.060% ↓
     2月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:3.126%  ↑
     3月  SBI住宅ローン:2.791%  全国平均:3.095% ↓
     4月  SBI住宅ローン:2.761%  全国平均:3.018% ↓
     5月  SBI住宅ローン:2.771%  全国平均:3.028%  ↑
     6月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:3.077%  ↑
     7月  SBI住宅ローン:2.961%  全国平均:3.213%  ↑
     8月  SBI住宅ローン:2.921%  全国平均:3.171% ↓

先月末に発表された大手銀行の住宅ローン金利改定では、短期の固定金利は引き上げ傾向ですが、長期固定金利は引き上げた銀行と引き下げた銀行があるようですね。

長期固定金利型住宅ローンの金利上昇は一休みといった感じでしょうか。。。


risukamo at 09:26|Permalinkclip!
2007年07月02日

長期固定型の住宅ローンがどんどん増えています

SBI住宅ローン【フラット35】の7月実行金利は2.961%になりました。

6月の金利と比べると0.14ポイントも上がりましたね。

これまでの【フラット35】融資金利の推移を見てみましょう。

平成18年
    11月  SBI住宅ローン:2.951%  全国平均:3.260%  ↑
    12月  SBI住宅ローン:2.861%  全国平均:3.168% ↓
  19年
     1月  SBI住宅ローン:2.751%  全国平均:3.060% ↓
     2月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:3.126%  ↑
     3月  SBI住宅ローン:2.791%  全国平均:3.095% ↓
     4月  SBI住宅ローン:2.761%  全国平均:3.018% ↓
     5月  SBI住宅ローン:2.771%  全国平均:3.028%  ↑
     6月  SBI住宅ローン:2.821%  全国平均:30.77%  ↑
     7月  SBI住宅ローン:2.961%  全国平均:確認中   ↑


大手銀行各行とも、固定型の住宅ローンの金利引き上げを先日発表しましたね。
そのうち4行は3ヶ月連続の引き上げです。

○<ローン金利>大手銀6行、固定型を引き上げ
大手銀行6グループは29日、固定型の住宅ローン金利を7月から引き上げると発表した。短期から長期まですべてで、三菱東京UFJが0.10〜0.25ポイント、みずほ、りそな、住友信託、中央三井信託が各0.15〜0.25ポイント、三井住友が0.14〜0.25ポイント引き上げる。市場金利の上昇を受けた措置。
(6月29日 毎日新聞)

また、2006年度上期の新規取り扱い住宅ローンは、10年を超す長期固定金利型の住宅ローンが前年度より5.8%増え、全体の22.4%に上ったそうですね。
どんどん長期固定型の住宅ローンを申込む人が増えています。


risukamo at 17:49|Permalinkclip!
■ワンポイントメモ

○住宅ローンの金利推移
住宅ローンの金利推移は、ゼロ金利政策が解除されて変動金や短期固定金利は上昇すると予想されます。
住宅ローンの金利は融資実行時点の金利が適用されますから、住宅ローンを選んだり借り換えたりするにあたっては、今後の金利推移予想が大事になります。

○住宅ローンの金利の種類
住宅ローンの金利には、固定金利と変動金利の2種類の金利があります。

ゼロ金利政策が解除された今後、住宅ローンの金利は、どう推移していくのでしょうか?政策金利引き上げは変動金利へ影響を与えます。おおかたの金利推移予想は上昇でしょう。逆に長期金利への影響は直接はありません。今こそ固定金利への借り換えのタイミングなのでしょうか。

○住宅ローンの変動金利と固定金利
お金を借りたときの金利が、満期までの間に金利情勢によって変動する金利を変動金利といいます。これに対し、お金を預けたときの金利が満期まで一定で変化しない金利を固定金利と言います。変動金利が上昇し始めると固定金利への借り換えが多くなるでしょう。
固定金利方式は変動金利方式に比べて、金利は高くなります。